上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




<参加予定>
キャラホビ2015 キャラホビマーケット(8/23)
ディーラー名:『Circulation Device』

●商品情報

<新作>二代目 鋭駆主[凄丸] 鎧セット

DSC02281-1.jpg

再販の凄丸用鎧セット
HJ社ガンダムウェポンズ武者烈伝零編の最終ページ画稿を再現


<展示>少年忍者 隠丸

DSC02295.jpg
凄丸同様某B社三国伝関節対応素体
『武化舞可の瞬脚』の他全武化舞可装着可能(予定)



<再販>鬼面武者 凄丸
烈伝規格の新素体 鬼面も付属
B社剛熱機械師駄舞留精太に付属する『武化舞可の鉄肩』他全武化舞可装着可能


<再販>武者尖駆 琥狼主之鎧
(ホビージャパン 武者烈凰伝 武者クロスボーンコンテスト百五拾九氏応募作より)
魔星大将軍の軽装に装着する用のパーツを追加(2013~)
ショットランサー替わりの組み換え武器が付属しています。


<再販>魔星大将軍用素体セット
(新SD戦国伝 超機動大将軍編)
一部B社魔星大将軍キットを流用する素体セットです
軽装形態・闇獣装の陣形態も再現可能


<再販>烈光頑駄無用素体セット
(新SD戦国伝 伝説の大将軍編)
一部B社烈光頑駄無キットを流用する素体セットです
烈光頑駄無と轟天頑駄無に付属している闘覇の鎧と烈光の鎧を装着し
再現するための兜も付属


原型製作:瑞穂
全て業者抜き

再販品の情報はサイト側のtopページで詳細確認を
http://r26012.web.fc2.com/




DSC02256.jpg

・今年の製作物
昨年末に建てた目標は

『新規素体開発+鎧付フルキットを新作としてイベントに出す』

でしたが見事にオーバーラン

鬼面武者凄丸素体は結構な難産となりました

問題は作成速度
今年度数えたら業務日数の7割出張してたのもあり
出張装備は洗練されてきましたが
そこはそれ現場終わって疲れてそのまま寝るだけで過ごす日も多く
やる気の問題で低迷していたことを反省

来年再来年辺りで技術進展を起こしたいところ
その布石が遠くから飛んできていますが
まだそれを形にできるくらい俺自身が成長できていないのが
情けないッスねぇ

・8年目の展望期
Circulation Deviceの活動も8年目です

今年は武者烈伝から10周年ということでいわくつきの
凄丸を素体としては完全仕様で世に送り出せました
海賊版フルコンプ記録も絶賛更新中ですが…

どうやら文芸担当の方に捕捉されていたようで良かった
隠丸もそのうち。今度は顔覚えて提供したい


さらにアマチュアディーラーとしてイベントに参加するため
原型を作り始めてから10周年でした。正確には来年でWF参加して10年ですか。

サラリーマンしながら趣味としてディーラーを続けること
アマチュアだからこそできることなんかないかなぁと適当に考え始めた時期です


キャラホビ10周年辺りでなんか大きめのことやらかしたいというのはありますね
しばらくは烈伝で。楽しむつもりではありますよ。




~ひとまず簡単に~
うちの卓を訪れて頂いた皆様ありがとうございました


●今年は作業以外にも気を回してみた
 体力温存策をフル施行
 ・去年から業者抜き生産品を自宅に届くように締切早めに設定
 ・箱詰めやらパッケージ貼り等まで完了させて現地作業最低限にして棚組立に絞る
 ・前日搬入後即現地宿泊できるよう前4日間を完全にOFFに

 ただ毎度人員確保に失敗してアレになるので2年連続で対応戴いたsakさんに感謝
 あと午前中一人対応予定でしたがいつの間にか人員確保できてました
 こちらは鶏さんに感謝? 

●『烈伝10周年ですけど』『えぇ!烈伝から10年経ってるのぉ!』×2
 烈伝出戻りモデラーとしては凄丸出せてよかったものの
 二代目鋭駆主鎧が完全に間に合わない方向だったので
 途中取り下げするなどgdgd
 来年はこうはならないようにするんじゃ

 ひとまず手元にあるパテの塊を鎧にすることを目標、と
 『次回を待て!』

●よくわからない感解消されたか
 素体の説明パネル今年ある程度作成してみたけど
 再販売り上げには繋がらず 来年縮小、再販あがりって感じで
 烈光はなんか売れる お試し的な意味での設定価格は正解なんだろなー 

 昨年適当だった棚も2段と3段の組み合わせ、サテン布を尼で仕入れて敷いてみた
 会場で見る限りは赤の方が良かったけどカメラ的にはどっちがよかったんだろ

 色々やっては見たけど根本的になんか暗いってのは
 会場自体が暗めってのがあるので電池式のLEDライトいいんじゃねと話してた
 ほとんど同型の棚に棚板をデフューザー替わりにして光焚いてたとこもあったので
 ちょっと実験したい
 

●家族連れ再び
 お父さん+お子さんが再来襲 去年と全く同じように英才教育
 思えば3段棚は高すぎたか  





<参加予定>
キャラホビ2014 キャラホビマーケット(8/24)
ディーラー名:『Circulation Device』

●商品情報

DSC_1945.jpg
DSC_1964.jpg
DSC_1969.jpg
<新作>鬼面武者 凄丸
烈伝規格の新素体 鬼面も付属


844783530.jpg


B社剛熱機械師駄舞留精太に付属する『武化舞可の鉄肩』他全武化舞可装着可能


<見送り>二代目 鋭駆主[凄丸] 鎧セット
新作の凄丸用鎧セット
HJ社ガンダムウェポンズ武者烈伝零編の最終ページ画稿を再現


色んな意味で『次回を待て!!』




DSC_1534.jpg

<再販>武者尖駆 琥狼主之鎧
(ホビージャパン 武者烈凰伝 武者クロスボーンコンテスト百五拾九氏応募作より)
魔星大将軍の軽装に装着する用のパーツを追加(2013~)
ショットランサー替わりの組み換え武器が付属しています。



魔星通常

<再販>魔星大将軍用素体セット
(新SD戦国伝 超機動大将軍編)
一部B社魔星大将軍キットを流用する素体セットです
軽装形態・闇獣装の陣形態も再現可能




DSC01908.jpg

<再販>烈光頑駄無用素体セット
(新SD戦国伝 伝説の大将軍編)
一部B社烈光頑駄無キットを流用する素体セットです
烈光頑駄無と轟天頑駄無に付属している闘覇の鎧と烈光の鎧を装着し
再現するための兜も付属



再販について細かい写真は去年の予定等やfgを参照のこと

原型製作:瑞穂
全て業者抜き




DSC0220.jpg
・今年の製作物
X2鎧のみが新規、その他は前年度以前の改造と増える傾向は無しですが
今年は完成見本の作成に割く時間があったので
それぞれの前形態と一緒に飾ることができるようになった烈光と魔星は
魔改造されオリジナルに劣らないメッキ処理を施され生まれ変わりました。

レジンにメッキ加工は量産できる方法、とまで至らず
長期保存在庫、表面処理の都合複数所持が必要と
自分生産のキットのみに使用できるのみの応用とまだまだですが
今回短期での作成にも成功していますので今後は多用していきたい所です


・7年目の転換期
DSC_1677-1.jpg
ディーラー活動も(現形態で)7年目でした。

来年は我々烈伝出戻りモデラーの転換点、武者烈伝から10周年
アマチュアディーラーとしてイベントに参加するため
原型を作り始めてから10周年ともなります。


来年の目標は

『新規素体開発+鎧付フルキットを新作としてイベントに出す』

と地味ながら難易度上げました
表向きはまったく進歩していませんが
作成速度については進歩していきたいもんで。

なんにせよ来年もSD盛り上がるといいなぁ
騎士の方はカードダスあるからいろいろ出ると思うので
まだまだ地味に武者作っていきます





Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 日記と模型 -弐-, All rights reserved.
まとめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。