上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




DSC00864.jpg
黄金神暴龍神揃いました。
残るは太陽神のみじゃのぅ。

相場が10倍じゃなけりゃ買うんだが
スポンサーサイト




ミドリさんの放出のタイミングにちょうど当たったのでなんとか龍将飛将入手。
DSC00859.jpg
転売屋が買い占める中、定価以下でオクに流すミドリさんに尊敬。

しばらくは転売屋は黙りそうだ。



時間無い時に再販されるとどうしようもないな。
もう平日に東京まで出られるほど暇でもないし。

今回は運だけで生きてる感じが否めないがタイミングがよかった。




龍将飛将が順調に転売屋に狩られているようです。


転売屋死ね。


6月の時は実験中ながら確保しに行けたのですが今回は無理。
前回は大勝(欲しいものは全て確保)だったのが今回は2月再販と同様オクに頼ることになりそうです(涙)


まーたぶん金型調整費を元取るため次以降の再販でも混ざってくると思うんだけどなぁ…



今回は6月再販と違って全国的にダダあまりなもの(≒番長)がメインだったため入荷量自体がかなり限られている模様。
バンダイさんは相変わらず必殺アソートによる小売店潰しが得意なようです。




上から期待度数高め。

・ミニ元祖の第2弾発売、の予定。そして元祖再販へ…
>第1弾、第2弾を足がかりにして「元祖SDガンダム」の再販も、ありえる。
のは非常に嬉しいんですが
初期商品(もちろん今回のミニ元祖も)にあまり興味が無いんだよな…
中期以降のコマンド、機兵が再販されるまでに打ち切られそうな気がするが、

 「来年、BB戦士は大きく動く」

だそうなのでSDは期待だけしておきましょう。

・コトブキヤ可変R―1
もちろんその後の展開を期待して…
まさかプラモデルで拝める時が来ようとは
大学入学の頃には思いもしなかったわ…
可変機構は稚拙なものになりそうだけど買い、か。

・WAVE 完成品タチコマ(1st)&プラキットウチコマ
完成品なのがネックだが3体揃えられる
(1stはタチコマンズ結成できるのでそれ以上だがw)ので買ってみる。

・コトブキヤコマンドウルフ
犬かわいいよ犬
建機犬もかわいいがZOIDSにはかなわぬ

・WAVE FSS新プラキットシリーズ
『LED』じゃ無い何かとのこと。
エンゲージシリーズかサイレン辺りが妥当か…
どっちもプラなら買いてぇ

・コトブキヤダイゼンガー(参考出品)
某楠の殿様商売をぶっ壊して殿様商売してくれて非常に嬉しいですね。
SRXといいR―1といい見事な発表時期。

・ハセガワフェイ・イェン
C面素敵だよC面
箱絵がエロぃ

・RRRエルガイムMk-Ⅱ
・HGUCファイバー
・Exモデル 1/144 ヒルドルブ
番台はこの辺か。
永野が切れそうなほどMH寄りのHMのインジェクションキットは楽しみ。
ファイバーのシールドブースターがどうなるかで買うか買わまいか決める。
どうやら白ランナー一枚追加で再現らしいので微妙。


>> 続きを読む




DSC00856.jpg
DSC00854.jpg
胸飾りのトゲをポリパテで作りましたが
強度不足で剥がすときにボロボロになってしまった為プラ板で作り直しました。
いいかげんシンナー混ぜるのはやめにしてスチレンモノマー買うか…

パテ自体の劣化も原因か。
なんかワークアソシエイション製パテは生産中止したり再開後はWAVE製になってたりで今後どうなるか不安なのですが…

DSC00858.jpg
DSC00857.jpg
頭部ヘッドは幅詰めしてサイズを七超~輝羅鋼編あたりまでのサイズに。
もう少しフェイスとの合いを調整した後髪を生やします。

あまりにも使えなかった黒い接着剤の使い道を考えた挙句
幅詰め用の中心線付けに利用してみました。




概型は出た。

前回から目の位置ずらしたり上に結晶追加したり飾り増やしたり。
DSC00837.jpg
DSC00838.jpg
目の大きさや結晶の位置なんかはまだ試行錯誤が必要っぽいな。
もう一度目を大きくしてみよう。




DSC00821.jpg
とりあえず頭部をフェイスを基準にでっち上げ。

平行して鳥頭と腰基部を製作中。
まだ先は長いなぁ




BB戦士120 新世大将軍(原価 2,000円)


当時のSDで破格の扱いを受けていたF91モチーフの武者。
武者では千成も大将軍になりましたが、こちらのほうも

武者衛府弓銃壱(地上最強編の主人公のうち一人)

烈光頑駄無(伝説の大将軍編で轟天から鎧をもらう)

新世大将軍(結晶鳳凰に選ばれる)

と3キット分きっちり出てました。



DSC00757.jpg
輝煌の軍配を装着。
3つの鳳凰が心、技、体をあらわしています。
伝説の大将軍編では重要な要素でした。
たしか当時カクレンジャーあたりで似たようなことをやっていた気がするので
そこらのオマージュでしょうね。

キット自体は当時の小型1/100に使われていた
システムインジェクションを利用して美しい文様を再現しています。

DSC00759.jpg
光鳳剣


脚部と背中の大目牙撃砲を展開することにより神馬凰形態に
DSC00761.jpg
DSC00766.jpg
それまでのケンタウロスとは違って馬でいう前足がさらに展開されているので
美しいシルエットになっています。


これまたシステムインジェクションにより色分けされたバイザーをおろすことができます。
DSC00764.jpg
DSC00765.jpg


残念ながらこの後システムインジェクションを利用したキットは消滅していきました。(GやWあたりまでは存在したようです。ランナーあたりのコストが高いのがネックだったようですね…)

綺麗なので今後復活するといいなぁ





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 日記と模型 -弐-, All rights reserved.
まとめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。