上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




元祖からは外れるがせっかく手に入ったんでレビューレビュー


BB戦士139 飛駆鳥大将軍(原価 2,500円)

いやマジで原価で手に入れたいわ
転売屋の価格操作で1万越えた時はどうしてやろうかと思った。


サイズ、プレイバリュー、シリーズとの連動全てにおいて他に類を見ない屈指の出来。

飛駆鳥超将軍(軽装形態)
DSC00803.jpg
目の前で鉄斗羅が自爆したのを見てぶち切れた真の怒りと悲しみに目覚めた新たな姿。
基本V2モチーフでわりとシンプル。
DSC00808.jpg
真の怒りに目覚めてるので元々黒かった髪が金になってますよ。
当事流行ってた某サイヤ人のオマージュですね。
DSC00806.jpg
大目牙閃光撃砲(オメガビーム・スマッシャー)
どこぞのサイトで似たカットで撮影してるのに今気づきましたがw
素体状態だとヒジ可動あるので表情は付けやすいです。
ヒジ可動は鎧を着けても剣を持つ時なんかに利いてきますね。

飛駆鳥大将軍
DSC00799.jpg
毎度おなじみの八紘の陣をくぐり抜け迦楼羅鳳凰と合体。
どこぞの人がサンバカーニバルと揶揄してたがまさにそれ。
DSC00801.jpg
ウィングは本来のミノフスキードライブに加えさらに羽が。
羽をつければ派手に見えるってのは本当ですね。


七人の超将軍編の特徴とも言える閃光結晶(ビームクリスタル)
各超将軍(&大鋼)のよいアクセントであったのですが全部集めると飛駆鳥大将軍の武器に取り付けられます。
DSC00796.jpg
討魔八紘剣
普通の剣が七支刀風に

おなじみの軍配もこのように豪華に。
DSC00786.jpg
鳳凰の軍配
八紘の陣そのものをあらわすそうです。
第一シリーズ、綺羅鋼編、烈伝と伝統になっていますがここで復活でしたね。

また父親の新世大将軍のシステムインジェクション全開のウィングも装着可能。
DSC00794.jpg
値段は違えどここまで差が出ると親父が可哀想ですね…


変形で大輝煌鳳凰(マクシマス・フェニックス)に
DSC00817.jpg
羽に閃光結晶を取り付けて敵を切り裂くらしい。
鳳凰要塞艦(フェニックスフォートレス)とかもあるけど略。


それもこれも合体の為w


>> 続きを読む
スポンサーサイト




DSC00819.jpg
日ごろの行いは悪く無かったってことか。

サンドイエローがテカテカ、その上にテカテカなブラウンで墨入れがされてるのでつや消しくらい吹いた方がいい気がした。

フリアータノーマルがもう一個あればドイツ2体目が完成するんだが…




メカ娘vol.2リペイントのハズレ箱(1カートン6セットのうち1つだけチャイナが入ってない)が当たらないことを祈る日々です。




DSC00752.jpg
ブロックからこのように削り出し。

胸ブロック基部ができましたっ、と
こいつに色々飾りを付けます。

やっぱスクラッチの場合はある程度形になるまで製作記作らない方がいいっすね。
ホントに何やってるかわからん。



四角パテブロックからの削り出しを最後にやったのはいつだったかなぁと記憶をたどっていたら2年前の夏のR-2頭部以来ということが判明しました。
アレは最終的に酷い末路を辿ったなぁ

今ならもう少しまともなものができそうですね。
パテの鮮度以外は進歩したという自信が涌いてきた。




DSC00748.jpg
久々にポリパテブロック作りです。


『流動性高める為シンナー混ぜるので一面空けて収縮を調整する』
なんて自然に出てくるなんてのが身につくのもアレを作り上げた後遺症なごりですな。

さらに収縮を考慮するとカチカチにしないとできないのが難点。
ポリパテの劣化がかなり進んでるのでもうシンナー混ぜないと流動性足りないのも事実なんですが…


やっぱパテが楽だと思ってしまうのは駄目なところで。
先が思いやられるなぁ…




次に造りたいものにめぐり合いました。


まぁ未完成も多くは有るのですがw
何か造っていく過程で進化しないもの(表面処理やら)ではやる気が削がれるようで、
パテ盛って削り盛りやってるのが一番楽しいところです。



どうせしばらくは形にすらならないだろうけど、必ず完成させます。




元祖SD No.81 フューラーザタリオン (原価 1900円)

G-ARMS編のラスボス。後にマスクコマンダーに吸収されフューラーコマンダーに。



コレが出たころは全盛期であった為大型商品がボコボコ出てました。(ジェネラルガンダムとか)敵方の商品が多く出たのも元祖の特徴といえるでしょうね。

今となってはガンダムガンダムですからね…
メッキとかは無いけれどもサイズもあってかなり豪華です。
DSC00735.jpg

DSC00731.jpg

DSC00728.jpg

DSC00727.jpg
右腕のクローと角が欠品。


ギミックとしてデストロイド・アグレッサーに変形とか別売りのザウエルアールジャジャと合体とかあるんですが、欠品多くて変形させてもイマイチなので略。あとアールジャジャも持って無いですしね…

後に新ナンバー0033 幻魔機兵バイザードに金型流用がなされました。
元々コマンド?なデザインだった為か少ないパーツ流用で違和感無くまとまっていたと思います。




ふたばから転載
1158336204628.jpg
次弾はライデンだと信じてたのに…

ライデン出さないのはスパロボ参戦分は並べられるようにとの配慮か。
ここでフェイ・イェンが売れようと売れまいと人気機体なら出せるからな…




せっかくなのでそれぞれ写真を撮っていこうと思います。


元祖SD No.118 フューラーコマンダー (原価 900円)


コマンド世界の主人公キャプテンの双璧として進化していった『ガンダムMk-Ⅱ』のスーパーG―ARMSでの第三形態。

素体(軽装形態)はフューラーガンダム。
DSC00683.jpg
まず角が欠品で少々かっこ悪いことになってますが。
DSC00686.jpg


でGディフェンサー代わりのバインダーと角、下駄マスク、を取り付けてフューラーコマンダーに。
DSC00691.jpg
まあマスクが欠品なのですが…
G―ARMSのラスボスフューラーザタリオンが吸収されていて胴体とマスクにその意匠が残っています
マスクコマンダーに比べmk-Ⅱの意匠が削られて棘棘しくなった感じですね。
DSC00690.jpg

パーツ組換えでデストロイドドラゴン形態に。
DSC00688.jpg

前形態のマスクコマンダーめっさ欲しい…安価で譲ってくれる人募集…


次回はメッキあしゅら男爵といきますかねw




オクの値段上位品ばかりを並べて悦。
DSC00675.jpg
欠品はそれぞれ2,3箇所ほどでメッキの腐食も無くてなかなか良品。

数日はこのまま飾っておきたいなぁ




元祖SD。

収集開始します。



なんだかんだで安く譲ってもらえる人を見つけました。
オクで転売屋に吊り上げられれば5万超える品を5000円で。

元祖スレの奴らに見つかったらぶっ殺されそうですがw


今までの交換、買取の中で一番条件のいいものです。

相手方が非常に親切でした。
送料も向こう持ちです。
こんな超好条件はもう二度と無いでしょうね。



明日の到着とレストアが非常に楽しみです。


続いて俺に安く譲っていただける人いたらぜひ連絡を。




217154569_180.jpg

217154569_149.jpg

217154569_2.jpg

やっと完成。

実験期間(2ヶ月)と院試勉強期間を挟んでしまったので伸び伸びになってしまったのが反省点ですか…

作ろうと思えば結構時間も作れるもので、後はどれだけ趣味に時間が裂けるかってところで。大学の方もほぼ趣味ではあるのですが…


http://r26012.web.fc2.com/
他の写真はこちらに。




DSC00619.jpg
タチコマで実践した『金属色の上に色付け』。
今回は希望号の発光部(?)で使用しました。

前回は

ベースグレー→スーパーシルバー→クリアブルー(濃)

でクリアブルーの塗膜を厚くすることによって光沢を出していましたが

今回は

ベースグレー→スーパーシルバー→クリアブルー(薄)→トップコート(光沢)

にしています。
クリアブルーを薄くしてトップコートで光沢を出す…つもりだったのですが結局濃くなってしまいました…

この辺は調色時にもっと薄めないといけないですね…まだまだ実践が足りないようです。


今回シルバーを乗せるときはベーコン付属ピースの方を使っています。
分解作業自体が簡略になることが第一なのですが、金属色は広く散布できるものの方がムラ無く綺麗に仕上がるので精度もろもろ劣るが散布面積なら負けないベーコンピースに頑張ってもらいました。



しかしこの塗装方他に応用の利かせようが無いですな。
GGG塗るのに使ってそれで終わりそうな気がします。




希望号の延々のマスキング作業が何とか終わりやっとエアブラシ塗装再開です。
ちょうど一月開きましたね…

で。確か一ヶ月以上前に買ったタミヤHGエアブラシⅡ。

金属製ピース扱うの約一年ぶりでしたが基本アレ(Ⅰ)と変わりなく非常に使いやすかったですな。

Ⅰ,Ⅱでどこが変わったかよくわからんのですがとりあえずパッキンが樹脂製だったものがフッ素コーティングのモノに変わってて耐久性が良いようです。
DSC00615.jpg
俺は写真のようにべーコン付属についている大型樹脂カップを使います。こっちの方が容量多くて塗料の濃度を調整する際に便利(だと勝手に思い込んでいる)



使い心地はさすがの金属製。ニードルストッパーが柔軟で気持ちよく使えるのでストレスがたまりません。

問題はコンプレッサーが未だベーコンなところですか(苦笑)
本来ダブルアクションなのですがシングルアクションのモノとして扱わなければならない(ベーコンには逆止弁が付いてないのでエアーを止めるとかなり負担がかかる)のが不便ですかね。元々ベーコンでの塗装に慣れてる身なのでこの辺はあまり気になりませんが、手元で全て制御できるようになれば相当楽そうですね。


あと4色位で終わりなのでこの土日で仕上げようかと思います…




ここ数週間ほど院試前後の燃え尽きで全然手を付けてなかった希望号マスキングをようやく再開。
DSC00614.jpg
こういう縁のマスキングに苦心している最中。
縁をミリ単位の帯で覆いたいが、表面処理と工作の未熟さで微妙な段差、曲面、歪みなんかが出ていて上手くマスクできない。



この辺は精進あるのみだなぁ





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 日記と模型 -弐-, All rights reserved.
まとめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。